彼氏と別れてセックスが我慢できない、そんな状況になってしまっていたのです。
新しい恋人って作るのは時間がかなり必要になってしまいますよね。
いろいろと駆け引きみたいなものが必要だし、付き合うならやっぱりそれなりの人を選びたいというのは女の子の心です。
だから、気軽なセフレで今の性欲を処理しなければいけないかもという気持ちも強くなってきました。
Facebookでやりとりをするような人はいても、それ以上の関係に発展した試しがありません。
セフレは欲しい、オチンポをたくさんオマンコに挿入して欲しい、こんな気持ちはあるものの相手を作る方法も分りませんでした。
市職員という事もあり、堅い職場でセフレを作ることがまず不可能です。
それに、余りにも身近なところでセフレを作って噂になってしまうのもとても怖いのです。
だけど、どうしてもセフレは欲しい、コチコチのオチンポが欲しくて我慢ができない状態でした。
そんな頃、高校の頃の同級生から連絡がやってきたのでした。
「たまには一緒にランチでも出かけない?」
LINEの通知が飛んできて、この子だったらセフレの作り方を知っているかもしれないと思いました。
彼女、当時からかなりスケベな性格で、いろいろな男の人の求めに応じて関係を持ってしまうような子だったのです。
あまりにも気軽に挿入させてしまうから、裏では肉便器なんて言うアダナまでつけられてしまっていたのです。
セックスが得意な彼女だから、セフレを探す方法を知っているかもしれない、そんな思いが強くなって彼女の誘いに乗ってランチをすることにしました。
とにかく欲求不満を解消したい、その一念ばかりが強まってしまっていたようです。

久しぶりに再会した同級生から、セフレの探し方として、出会い系アプリを教えてもらっていく事になりました。